アンチエイジング初心者ぶろぐ

トップページ >> 美肌と歩くことは全く関係ないように実感さ

美肌と歩くことは全く関係ないように実感さ

美肌と歩くことは全く関係ないように実感されますが、本当は関係があると言われています。
ウォーキングのときに姿勢を正しくすると、お肌へ血流が滞りなく流れるので、新陳代謝が活動的になり美肌になることが可能ですし、高血圧や動脈硬化などの成人病にならないためにも効果がでています。



バランスのとれた食事は絶対必要です。青汁は特に身体にとって必要な栄養を取り込むことができるため肌への効き目も期待されます。食生活の改善を考えると伴に運動を適度に行ない新陳代謝を促すために半身浴や化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)は肌にあったものを使うなどまさに美しくなることは1日にしてはならずであると実感します。

かつて一世を風靡したガングロが最近になって再び、流行の気配です。


一つのスタイルとして浸透し始めた感もありますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。つまり、シミのことになります。
人それぞれですが、やはりガングロ卒業後には普通よりもたくさんのシミが発生してしまうでしょう。

空気が乾燥しがちな秋冬は持ちろん、エアコンの効きすぎた夏も肌へのダメージは大きいですよね。


ですけど、毎日行うスキンケアはすさまじく面倒なものです。



その時に便利なのがオールインワンなんです。
ここ最近のオールインワンはおもったより出来が良く、しかもベタ付きも少なく、保湿の効果も高くて嬉しい限りです。一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌を指すと思いますか。
整った肌というのは皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)の模様が小さく、きれいな三角形を描いている状態を言います。一方、表皮の乾燥を放置すると荒れてきて、模様が大きくなります。あるいは、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)が薄くなって模様が見えないほどになります。肌を保護する表皮が低下すると、肌の基底部以深もおもったより傷んできます。真皮のリフトアップ能力が低下した状態が「ゆるみ」となり、既にできていたシワが濃くなったり、新しいシワができてくるのです。



産後に体質が変わっ立という話は良く聴きますが、肌もその例に漏れないようです。ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大きく、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。


エストロゲン(女性ホルモン)は肌のハリを保つ効果がありますが、出産後の急な減少のせいで肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化する為注意が必要です。



肌が過敏になるので、いままで大丈夫だった化粧水が合わなくなることもあります。できるだけ刺激(添加物)の少ないスキンケア商品を選んで、保湿に重点を置いたお手入れをするのがおすすめです。

ママ専用のコスメサイトなどで情報蒐集するのもよいでしょう。



毛穴などが目立たないきれいな肌を保つには保湿することがとても大切になります。


特に肌がすぐに乾燥してしまう方は日々の基礎化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)でしっかり保湿してくれるタイプを選んで乾燥しないようにきちんと保湿してあげましょう。洗顔で汚れをきちんと落としたら間をあけずに化粧水で保湿して、それから乳液やクリームなどで水分をキープしましょう。



お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。
そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。
肌のターンオーバーを促進することでシミを薄くすることが期待出来るでしょうが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、よりその効果が現れやすくなります。

ただし、過剰なピーリングを行うと、かえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。乾燥肌の人は、毛穴が小さくかつ硬いので、少しの量の皮脂でも目詰まりが起こります。乾燥している肌はオイリーな肌と同様ニキビが発生しやすい環境なのです。
さらに肌の防御機能が低下していることから外からの刺激に対し脆弱で、肌トラブルが起きやすい状態でもあります。肌トラブルを避けるためにも、乾燥肌を改善することをオススメします。

40歳以降のお肌のしわケアについて、お悩みを抱えている方が多いと聴きます。

肌が乾燥したままだと、しわが多数発生するようです。洗顔後に化粧水をたっぷりコットンにとって、パッティングしても良いのですが、力を入れすぎると、反対に肌のダメージにつながる場合もあるでしょう。


適当な量の化粧水をコットンにふくみ込ませて、そっとパッティングする方法が良いと言われています。


Copyright (C) 2014 アンチエイジング初心者ぶろぐ All Rights Reserved.
↑先頭へ